アロハ なかやま保育園園長

アロハ なかやま保育園園長

子どもは無限の可能性を持って生まれてきます。
その可能性は、子どもが育つ環境の中で広がり膨らんでいきます。
アロハの保育園は、子どもの可能性を伸ばす環境の一つとなりお子様をお預かりしております。

アロハ なかやま保育園は、中山駅からは徒歩で5分程度。
「地域の皆様に親しまれる保育園」として園長の想いが詰まった、アロハ なかやま保育園のシンボルマークの「ぞうの壁画」が園児を迎えてくれます。
無垢の木の香りが心地よい広々としたと明るい陽ざしが広がる室内で、0歳から5歳までの子どもたちが落ち着いてゆったりと生活できる保育園です。

「考える頭」と「感じる心」を持った子どもに育てたい‼️そう思って保育をしています。
「考える頭」…子どもには「どうしたい?」とききます。大人が、こうしなさい!と決めていると、考える脳は育ちません。何をしたいのか、どうすればよいのかを自分で考え、自分で決められること。そして、自分で考えたこと決めたことを、自信をもって人に伝えると共に、安心して聴いてもらえる環境を作ることが大切だと思っています。
「感じる心」…悲しい時は悲しみ、嬉しい時は喜び、甘えたい時には満足するまで甘える。どんな時も子どもの側にいて、子どもの気持ちに寄り添い、全身で受け止めます。乳幼児期にたくさん愛される経験をすると、愛されている自信から人への信頼や自己肯定感が生まれます。自分のことを好きになれば、人のことも好きになります。自分を大切にできれば、人のことも大切にできます。

世界にはたくさんの人がいて、国も違えば言葉も違い、考え方も感じ方も一人一人違うものです。人に合わせることではなく、お互いを認め合い共感ですることが出来たらすばらしいと思いませんか。アロハなかやま保育園で育つ子どもたちには、そんな大人に育ってほしいと思っています。

子ども一人一人の健やかな育ちを支え、保護者の方が安心して預けられる保育園となるように、スタッフ全員で頑張って参ります。